ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACE ROCKER2012・渋谷AX・2012/02/16

アア……かんぜんに2日間の記憶が混じってしまいました、クロマニヨンズ、エースロッカーツアー、渋谷2日目。2日目は2階席だったので、粉雪舞う冷え込んだ渋谷、ゆっくり会場に入ることができて非常に快適だったです。ロッカーの心配しなくていいとか、すごい変な感じね。おかげで前日買えなかったTシャツとタオルも購入できました。
ライブ後、友人に「高みから見物する愚民どもはいかがでしたか?」とムスカ大佐のようなことを笑顔で聞かれましたが、むしろ、いつも自分はあの渦の中にいるんだなあ、と不思議な気持ちでモッシュを眺めてしまいましたよ。安全なところにいると、逆にちょっとあの渦の中に交じりたいなあとへんにうらやましく思ったりね。あと、常駐ヒロトスキー氏(通称ジョーくん)と見てたのですけれど、髪がまりものような緑色で三つ編み、上半身ビキニ姿というはじけた格好のジョー氏が各所で高名なせいで、下から指さされて発見されて、すごい恥ずかしかったです。

不思議なことに、前のほうで暴れて多少いのちの危険を伴う切迫感があるほうが、必死で事細かにステージの様子を覚えるのか、今回余裕で見られたにも関わらず、ライブの様子をあんまり覚えてなかったりするのですが、ただひたすらに楽しかったです。最初から最後まですごく楽しくて、それだけであっという間に終わっちゃった感じです。だから、16日にライブに参加したみなさん、どうかたくさんの補足をお願いします。相変わらずの他力本願!

16日、ライブ前・ライブ後にお会いできたみなさん、うれしかったです、ありがとうございました。またどこかのライブでお会いしましょう!




2階席、最前列だったので、ステージの端から端まで何もかもよく見える! まずそれに感動しました。ライブハウスに来て、なかなかこんな景色はないもんなあ。チケットは普通にとったんですけど、それにしては信じられないくらいいい席だったので、常駐ヒロトスキー氏と「誰かに何か聞かれたら、真島さんにもらったのv って言おうぜ」と見栄を張りました。誰かまだ嘘を信じている人がいたら、マジでごめんなさい。鉄さびの浮いた2階の手すりを握っていると、金気くさい血の匂いが掌に伝染して、これってあまり弦交換をしないギターを弾いているときに指につく匂いだなあ、と思ったりする。ジャングルジムに上っても、この匂いが手にうつるんだ。ほんと、ジャングルジムのいちばん上から眺めているような景色でした。たいへんいい思いをさせていただきました。チケットありがとうましまさん(壮大な妄想)

終始、そっとおもちゃ箱を覗いているような感覚で、一体感で言ったら、やっぱりスタンディングのほうが断然面白いですね。でも時折、ヒロトさんや真島さんが投げてくれる目線がうれしくて、2階は席数自体が少ないもので、手庇でこっちを見てくれると簡単に「いま、確実に私を見た! 見たね!」と幸せな錯覚ができます。暗いからぜったいわからないのにね……。

15日と同じように、やや洒落めかした前説のお兄さん→幕が落ちる→ヨシオ後頭部に角のパフォーマンスを経て、クロマニヨンズの登場です。真島さん、この日はグレーのツアーTシャツ、そして15日より明らかにTシャツの首元の切込みが浅い! なんだったんだ、きのうのあの肩のはだけっぷりは! ちょっとしたサービスか?! その日の気分なのか? ヒロトさんもグレーのTシャツ、きのうよく見えなかったんですが、いつもの黒いジーンズじゃなくて、色あせた感じのジーパンを履いてたんですね。コビーさんや勝治さんは、あとから「えっと……ふたりとも黒のツアーTだったかな?」とみんなに聞いたら「おまえ、相変わらず全く見てなかったろう?」と冷たい目で沈黙されてしまいました。

セットリストは大まかにはほとんど変わらず、ただ「自転車リンリンリン」が抜けて、その代わりに「連結器よ永遠に」のまえに「伝書鳩」が入り、あとアンコール1曲目の「ボッチ」が「49cc」になったのかな。「49cc」はレスポールでの演奏だったので、ボ・ギターは使われず、ゆえにボ・ジャケットも見られませんでした。

15日はなぜか私がやたらどきどきして、いまいち乗り切っていけなかったニューアルバムからの演奏も、楽しい! 楽しい! で一気に流れて行ってしまいました。「欲望ジャック」のギターソロの前でヒロトさんがマーシーをアピールして指さしているのを見たり「バニシング・ポイント」の掛け合いで腕を振り上げて思い切り参加するのが気持ちいい! って思ったり、「ゴーゲバゴー」はほんとに最初から最後までしっかりゴーゲバゴーゲバとコーラスをしていると最後のほうで口がもつれて「ボーベバボー」とか言ってしまうありさまになって、嘘だと思ってたけど、マーシーがインタビューで言ってた「やってるうちにボーベバボーになっちゃうんだよ……」っていうのは正しい! 笑ってごめん! とそんな謝罪を心の中でしたり。「シャイニング」の「シャイニング」と繰り返すコーラスのあとの「シャーベット」の韻の響き合いや、あの歌でのマーシーのコーラスがほんとうに澄んで美しいこと、「ハル」で歌詞をグッとためるヒロトさんの伏せた横顔、「ライオンとサンシャイン」で丸々ワンフレーズ歌詞が飛んできまずそうにしていたヒロトさん(曲が終わった後、自分の頭をポコポコたたいていた)の姿などを覚えています。ステージの端の機材に、ヒロトさんの影が長く、長く映ってね。それが動いて、サーカスの影絵みたいで、とても格好良かったんだ。

MCは15日よりも少なくて、過去のアルバムからの曲をやる前にまた「たくさんのロックンロールのアルバムから聞いてくれ……白い暴動とか……」と。ハープの用意をしたりでちょっとスタッフさんがステージに出てきて、なにかちょっと話をして、オッケー! となったらしく、にっこりしたその顔が、誰もが恋に堕ちるヒロトさんの人懐こいあの笑顔。ここで「伝書鳩」が入りました。珍しく曲名を「伝書鳩」と言ったときの言い方がつぶやくようでちょっとときめいたね。
これは「ムーンベイビー」のときだったと思う、ラストに少しだけハープが入るでしょう、それに備えてハープの吹き口を舐めていたその姿さえ、何かすごいかっこいいと思っちゃった。どうだ、今回、ヒロトさんも結構見ていたんだぞ! あ、勝治さんも見たよ! 勝治さんは、ギターチェンジのときとか、曲と曲の合間に、スティックをもったまま腕を交互にあげる体操みたいなのをしていたよ! そういえば真島さんも、腕を横に揺らめかせて踊るへんな踊りを踊っていたけど、それは曲と曲の合間とかじゃなくて、演奏中だったね! ちゃんとギター弾いて!! ましまさん! というわけで、ごめんなさい、コビーが……コビーがどうしても視界に入らなくて……。

「ムーンベイビー」がやっぱりすごい好きだ。肩を軽く左右に振る真島さんのリズムに乗った動きも好きだし、カモンベイベー! の吼えるみたいなコーラスも愛している。この曲の途中で真島さんは「わー!」って叫んでいた。あのかみつくような声が、いつでも私の胸の中に刺さっていて、たぶん、もう抜けることはない。

ボウリングみたいな妙な姿勢で、何枚かへなちょこに客席にピックを投げていた真島さんを観てぶっ壊れた私が「かっこいい! へなちょこ! イヤー!! かっこいい!」と騒いでいたら隣のジョーくんに「えぇぇぇぇぇぇ……」とドン引きされた。でも「底なしブルー」が始まったときにジョーくんは「ウキャァァァァァ」と超音波的な声をあげていて、私が「えぇぇぇぇぇぇ?!」とドン引きしたので、まあ同レベルと言えるだろう! でも「底なしブルー」は確かに格好良かった。めずらしくヒロトさんがステージ際まで来て、足をぐっと広げてかがみこむようにしてハープをふいていた。ステージの前に設置された機材を乗り越えるときの足がきれいに直角で、それがいやに目に焼き付いたな。「スピードとナイフ」はイントロのところのマーシーのキメ! やたらポーズをキメたあのAのコードに、私は性懲りもなく、いつも撃ち抜かれるんだよ! 「紙飛行機」や「エイトビート」では、ずいぶんマーシーお立ち台(ステージの端っこ)に出てきてギターを弾いてくれて、私はそれにつられてマーシー側にかなり体を持っていかれて観てしまっていたんだけど、後から聞いたら逆隣で見ていたジョーくんに「オマエはいちいちマーシー側に寄りすぎて、隣の人がたいへん窮屈そうであった」と言われた。ごめんなさい。シュン。「雷雨決行」「ナンバーワン野郎!」ましまさんがニヤニヤしていた。楽しそうでよかったね。セットリストはこんなものだろうと思ってはいたけれど、私はシングルB面に好きな歌が多いので「アングラ番長」とか「コロッケ定食」とか「サンデーサンデー」とか「拳銃が泣いてるぜ」とかもやってほしかったなあ~。

アンコール掛け声、「エース!」「ロッカー!」。渋谷は15日も16日もこれでしたね。さっきも書いたけれど、マーシーが半纏……いや、全く似合わぬチェックジャケットで出てくるのかと思ったらふつうに半裸だったので、違う曲をやるのかなあ、と予想。ヒロトさんは久しぶりにTシャツを履いた姿! 

「あんまり言うことはないけれど」と少しだけ言いよどんだヒロトさん、意を決したように続けて「いまダメなことも、必ずぜんぶよくなるからな~!」というような言葉を……。この人、こんなこと言うようなタイプだったっけ!? なんか、妙に前向きで優しくて逆に不安になるんだけど! ただ私があまのじゃくなのかな、ヒロトさんの言葉にみんなワーッと湧いていた中で、あの瞬間、ちょっと「アレッ?!」って我に返っちゃった……。

でも初披露? の「49cc」はとてもよかったです。「ちょびっとね」とヒロトさんが親指と人差し指でする「ちょびっと」のしぐさがとてもかわいい。不安や心配は、そりゃあいつでもちょびっとはあって、でも、たくさん抱えたりせず、ちょびっとだけあるくらいがいいよね。彼の「49」を掲げた新しい1年ももうすぐ始まるのです、不安や心配はちょびっとで、ヒロトさんが猛烈なサルのように飛ばして、走っていける素敵な1年になりますように。

ここから2曲、改めてフル回転で「ギリギリガガンガン」「弾丸ロック」で〆! 「楽しかったよ、またやろうな!」とヒロトさん、脱がないままで、ただちょっとお尻のほうをずらして、かなり危ういきわどい感じでそのままひょこひょこはけていきました。ましまさんのいつもの「またね~」も聞けたし、素敵な素敵な魔法にかかった2日間でした。


さて、みなさんはいったいどんな景色を見たのかな?


よかったら、きみの見た景色のことも、私にそっと教えてね。

コメント

随分長いこと楽しみに待っていたけど、やっぱりあっという間に過ぎた2日間でした!

1日目、ひらきっぱなし(だったと思う)でカツジさんがパワフルにドラム叩きながらずっと「ワーーッ」ってシャウトしてたのがかっこよかったです。カツジさんは後でひとりニコニコしてたり、目をぎゅっとつぶって口を大きく開けて一緒に歌ってたり、見ているこちらも本当に楽しくなりますね。

2日目、底なしブルーのあの暗い照明の中で、ヒロトさんがステージの前の方に出てきて、とても低い姿勢でハープを吹いている姿は美しかったなあ。
それから、直前までニコニコ笑顔でおどけていたのに、急に真顔になって「次は・・・伝書鳩。」と呟いた時は色っぽくてドキッとしました。

それにしてもニアさんのレポートを読んでいると、ましまさんの様子がよくわかるし、そんなことがあったのかー!ということばかりで、とても楽しいです。
同じ会場にいたとは思えないくらい、見えてる景色が違うんですね。

あのね、カツジさんがスティック持ち上げて体操してた時、コビーさんも一緒に体操していたよ。
それから、コビーさんは49ccの時、すごく慎重に左手を移動させてました。あのひともまた緊張してたのかな。

ヒロトさんのMCの間や、マーシーさんがギターチェンジしている時、コビーさんが指をスライドさせて音を出すたびに、私の頭の中で世界がひっくり返って、「ここ」から剥離して無重力空間に放り出されそうになるのを必死にこらえてました。
本当に危なかった・・・

コビーさんの数少ないピック、何度か自分の上に飛んで来たのに、いつも以上にみんなの手が飢えたピラニアのようにその一枚をめがけてあらゆる角度から伸びるものだから、私は怖気づいて手も出せませんでした・・・。
なんでああいう時引いちゃうんだろう、私のばかばかばかー!

でもあのひとは笑っていたからいいのです。
あのひとの魂が激しく燃える様を目の当たりにできて、私は幸せなのです。

(でもやっぱり、ほんとはピック欲しかったよ?)

ルードガールさん
ハウリンキャッツのコビー担当がいらして下さったので、これでライブレポート補足になるかしらと、ちょっとほっとしてしまった真島にあです。我ながら「まずいのではないか」と思うくらい、文章の中に「コビー」の文字がないよね……。今回すごくベースの音がよく聞こえて、欲望ジャックとか、ほんとにコビーのベースはいいなあ、と思った記憶はあるんだけど、肉眼で姿がなかなか捉えられない。私にとってコビーさんは、スカイフィッシュと同じような存在です。コビーさん、1日目の「自転車リンリンリン」の台詞やコーラスがすごかったよね。

コビーのピックって、ルードガールさん、もうお持ちでしょう! とはいえ、何枚でも欲しくなってしまうのが人の欲望というものでしょうか。私はあんまりうまい具合に何枚ももらえたりしちゃうとこわくなって、すごく欲しい誰かにあげることにしてるんだけど、そういえばピック何枚か持ってる人って、どうしてるんだろう。コレクションするのかな。

ましまにあさん こんばんは

読ませていただきました
なんでだろ
ましまにあさんのライブレポ 涙が出てきてしまって止まりません
まだ涙がぽろぽろ落ちてきて しゃくりあげてしまって
タイピングするのがちょっとつらいです
なんでかな?わたしちょっと変ですね

素敵なレポを本当にありがとうございます

いつかましまにあさんと一緒にライブを観てみたいです

私は来週の大阪のライブに1日だけ行く予定です
とても楽しみにしてます

なんかうまく書けなくてごめんなさい

こんばんわ。時々お邪魔させて頂いてます。ノリコです。
あの、私、実は一昨日、初めてクロマニヨンズのライブに行ったんです。
いつも色んな方のライブレポ読んで想像膨らませて、私も絶対行かないと!と思っていたんですが、ついに、行けました。

もう何というか、何度も夢に見た彼らが本当に目の前で演奏している姿を見ただけで泣きそうになってしまって、でも泣いて見えなくなると嫌なので我慢して
、もう遠慮なく見つめてしまいました。
マーシー側だったので、ギターの音がズトンと体に落ちてくる感覚がとんでもなく気持ちよくて、それからビックリしたのが、真島さん、何ですかあの色気は?????クルクル周って前に出てきてギターを弾く姿に鼻血が出そうでした。一緒に行った旦那さんとも言っていたのですが、マーシーは実物の方がとんでもなくカッコいいですね。それから動画でも良く見た、演奏中に笑い出す姿とか、腕を交互に上げて踊っている姿とか、生で見られて嬉しかったです。あと最後の方、ステージの前の方に出てきてマーシーマーシー呼ばれてわかったわかったみたいな感じでうんうんて頷いてて、ドキドキしました。雷雨結構のPVの最後に出てくるマーシーみたいで。これをやって様になる人なんてそうそういない!

それからもちろんヒロトも見ていました。はい、二人とも大スキなんです。前はヒロトだけだったのですが・・・真島さんの魅力にもやられてしまいまして。。。
あ、私の好みなんていいですよね。スイマセン(><)

ヒロトはテレビや雑誌で見るのとあまり変わらないなという印象を持ちました。変わらずにカッコいい、そして可愛い。。。あの笑顔、あのハープ、えと、あの、えとみたいに言ってたとこ、もう何て言っていいのかわからないくらいすべてカッコよかったです。でもライオンとサンシャイン、ワンフレーズ飛ばしたのは気づきませんでした!頭ポカポカも!見たかった~(><)でも影が映ってかっこよかったのは私も見ました!とても綺麗にくっきりでかく写っていましたね^^それから紙飛行機で確かお脱ぎになられた・・・?紙飛行機が始まって少ししてからヒロト見たらいつの間にか上半身裸で、何故か紙飛行機とヒロトの裸の組み合わせに泣けてしまって。よく考えたら私変態・・・?


それにしてもすごくあっという間で。初めてなのに調子にのって結構前の方にいて、モッシュがすごい時とそうでない時があって。モッシュでやられちゃう気がするなと思っていましたが、あと2時間はモッシュの嵐の中にいても平気だよ!まだやってくれ!と思ってしまいました。初めてだけどヒロトの名前呼びたいな、でもちょっと恥ずかしいなと思っていましたが、全然サラッと読んでる自分に笑えたりもして。でも声量がないから全然聞こえなかっただろうけど・・・・ちょっとでかい声出す練習しようと思いました。

何かほぼ個人的な感想しか書けなくて申し訳ないです(;;)しかも長々と(><)一昨日の事なのに忘れたくないと思うほど、ぼやけていってしまって。脳みそ旧タイプなんです。ちなみに体も終わって歩き出した途端、痛みに気づく始末でした^^;あ、何かあちこちいて・・・でも気分が最高^^本当に、とーーーっても楽しかったです^^!

それにしても皆さんレポがすごく的確ですよね!実際に見て、これも誰か書いていたな、あれもそうだなと合点させる作業も楽しかったです^^それではまたブログ楽しみにしています^^本当に長々とスミマセンでした!

にあさん、先日は少しお話しできてうれしかったです。
私は初のツデーズだったので16日はコビー側に陣取りました。にあさんたちはどこかなー?って見上げたら最前!?気づいてくれて手を振ったりして・・・
なんか女王陛下に手を振る市民みたいでおかしくて、フフフってひとり不気味に笑ってました。
15日はとっても楽に観られたせいか、さらりと終わった印象。16日はあんなに後ろだったのに押しがきつくて、けっこう踏ん張ってました。
ハルで胸がギュッてなって、伝書鳩っていったヒロトにぐっときて、底なしブルーでギャーってなりました。あぁ酷い表現。。。
聴きたかった49cc、手でバイクをふかすような動きが可愛かった。

ヒロト前に突っ込んだ二号はダイバーにボコボコにされたらと言いながら、大満足な様子でした。今度は絶対マーシーにピックをもらうそうです。入試のお守りに、にあさんから頂いたのにね!欲がでるようです。

二日も行くなんて贅沢な気がして迷ったけれど、やっぱり行って良かった。
楽しかった記憶だけですぐ忘れてしまうので、ハウリンキャッツで何度も思い出してワクワクしようと思います。いつも壮大なレポートありがとうございます。

最後に・・・メキシコの★も観たかった。

先日はありがとうございました。
またあわあわして会話のキャッチボールできなかった自分が情けないです。
おまけに初日は最前列に行けたのでピックほしいなあ…と思ってたらひょいと投げてくれて足元に落ちたのです。それを踏んでとりあえずキープし、スタッフさんに拾ってもらい、渡してもらってる時に後方から伸びてきた手に取られてしまいました。
実は鹿児島でもそれと近い感じで他の人に持って行かれちゃって。えーん、しくしく。
まあそんなこんなで初日はがっつり見ました。
はじめから全開でTシャツって言うか布切れがズレて心の中ではおっぱい!おっぱい!(AA略でしたよ。おっぱい好きなのでアンコールでジャケット着て参上した姿を見て少しがっかりしたのは秘密です。
一週間前の鹿児島とは大違いでよく動くし笑っててよかった。変な猫パンチ的なものも繰り出してたし、いつもの腕あげるやつも健在。
ヒロトが途中MCでおにぎりとオナ●ーが好きだかなんだか、って話してた時に真顔になってそのあとクスッと笑ってましたあの人。何を考えていたんでしょうか。おにぎりの具は明太子がいいよね、とかでしょうか。
ライオンとサンシャインではずっと目を閉じてくねくねしながらギター弾いてて、その動きがちょっと海藻みたいでした。
関係ないのですが、ライブでのナンバーワン野郎の間奏後のコーラスが大好きなんです。PVだとマーシーがボール蹴るあたりですかね。あれです。
マーシーのコーラスを堪能する為に耳塞いでいつも聞いてます。「わぁーん、わぁーん」の部分がめちゃくちゃ好きでそこだけ1分くらい収録した音源出してほしいです。
2日目は終わったらそのままさっさと帰る予定だったので後ろから見てました。目のあたりに何かついてたのか?しきりに触っててかわいかった。ふう。
49ccは1回聞いた時にあんまりピンと来なくていつも飛ばしてたんです。ちょびっとね。だから始まって少し歓声がうわあ!って聞こえた時も「え?なにこの曲?」て思っちゃいました。えへへ。

あ、長々とすみません。
ついこの間生マーシー見たのにもうマーシー不足です。
今すぐ名古屋に飛んで行って49歳最後のマーシー見届けたいです。明日で50歳かあ…そう思うとなんだかソワソワしてしまいます。今はソワソワ詐欺です。
今週からまさかの週4関西公演が始まるのでしっかりマーシー補給したいと思います。

マーシーのピックはまあまあいっぱい持ってます。普段はコップにざらっと入れて適当に保管してます。たまにツアー毎に並べたり、積み重ねてうっとりしたり、簡易マーシーフィギュアと合わせてライブごっこして遊んでます。

みーたんママゴンさん
私のレポートで心を動かして下さって、みーたんママゴンさんはきっと気持ちの柔らかい、素敵な人なんだな、と思います。実際にみーたんママゴンさんがライブを見たら、きっと、もっともっといろんなことを感じ取ったのだろうな。大阪のライブに行って、レポートを書いて下さるのを待っています。

ノリコさん
ようこそ! レポートありがとうございます。初! クロマニヨンズ! その感想を書いて下さってとても嬉しい! たくさんのものを、彼らから受け取ったようですね。気持ちばっかりあふれて、なかなか文章にならなかったり、それなのにすぐ忘れてしまったりするその焦燥は、実は私も一緒なんですよ。どうしてだか、あとからふっとよみがえってくることもあります。初ライブのすべてを抱きしめて、大事に思い出にして下さい!
それにしても旦那さん、マーシーカッコいいって言って下さるなんて、なんて物の分かった人でしょう……!! 恋人や旦那さんと行くクロマニヨンズライブというのは、私の憧れでありますよ。

ひろにゃんさん
こちらこそ、お話しできてよかったです。ひろにゃん家次男の2号くんも2階席の私たちに気づいてくれて、手を振ってくれたんだよ。ずいぶん前のほうにいたけれど、楽しかったようで良かったなあ~。
2日行くって確かに贅沢な感じがしますけれど、2日行けたらほんとうに幸せな気分になりますね。全てのものに感謝したいです。
メキシコの☆、聞きたかったね! どこかのライブでやるかなあ?

ソワソワ詐欺さん
渋谷ではピック、他の人にとられちゃって残念でしたね……でもマシマシ詐欺さん、いやソワソワ詐欺さん、他にもたくさんライブ行くから、そのうちぜったい手に入れることが出来ますよ。
ナンバーワン野郎! のコーラス、わかる! あそこ、いいよね!! 耳を塞いで……今度私もやってみようと思います。

コップにざらっと入るほどピック持ってるのがすごいと思った。でも、ツアー毎に欲しくなっちゃうのは、マシマニアとしては当然の感情ですよねぇ。今回のオレンジでかわいいから、やっぱり私も欲しいです。

ちょびっとねジャングルジムのにおい

いやいや、先日はどうも。
緑?水着??私の恰好はちょっと違う気がするけど、みんなにみられて恥ずかしかったね(笑)

あの席から落ちた人いないのかな?飛びすぎて何回か落ちそうになったよ。
周りはわりとじっとしていましたね。
「ヒロドオオオオオ!!」って叫んだ時、端っこの女の子に「うわ」って顔で見られて恥ずかしかった☆
なんだろ、あの叫ぶのも立つのもためらう感じ・・・。

初日はがっつりコビー側だったので、二日目は思う存分ヒロトを見ることができました。
ヒロトかっこよかったーかっこよかたー。
一日目も二日目も黒Tで、二日目はグレーTを履いてアンコール登場しましたね。
「きっと大丈夫、うまくいく」みたいなことをMCで言った時、てっきりお受験の人たちに向けてるんだ!とか思ってました(笑)
・・・マーシーのピック投げ、上からみるとほんとひょろひょろだった。ぷっ。
え!?底なしブルーはイントロでヒギャーーー!ってなるでしょ!?


2階でも同じ量の汗をかくことに気づきました。
楽しかったです!いろいろありがとう!


遅ればせながら、私も混ぜて頂きますよ~。
あらぬ時間に職場を脱出し、お決まりのように最強なはずの電車が止まり、何とか辿り着いたAX。2日目は前に突入しようと思っていたのに、安堵感で腑抜けになってしまいました(^_^;)
結局、相変わらずのカツジ側(多少の異論はあるけど、そう呼ぶらしい)で参戦。15日と同じ場所だったのに、前日の優雅さが嘘のよう…。ライブって生き物なんだなぁーと実感しました。

2日目のお気に入りは、『ライオンとサンシャイン』のマーシーのダンス。マーシーのソロの時は、ガッツリ構えるコビーに視線が行きがちですが、そこをこらえた甲斐がありました。曲の世界にどっぷり浸って、とっても楽しそう!
そして、『49cc』のコビー。曲の始まりでネックの付け根部分を押さえるのですが、これが愛らしいのなんのって!見たことがないくらい、かなり縮こまって弾いているのです。あの筋肉が邪魔なんじゃなかろうか?と心配しております。

あの震災後もライブを続けられた彼等には、“奇跡”という言葉が良く似合う気がします。何度見ても現実味のない彼等の存在そのものが、奇跡なのかなぁ。
首尾良く仕事をかわしながら、予定しているライブには出掛けなくては!めげそうなったら、双眼鏡で見張るヒロトを思い出そう…。

にあさん、またライブ会場で!

常駐ヒロトスキーさん
えっ、きみ、緑の髪でビキニ姿じゃなかったっけ?! じゃああの日は、1メートルのモヒカンにかぼちゃぱんつだったかな。ジョーくんの格好はいつも常人をかけ離れているから、時々、記憶が混同してしまうよ。

あの席、私も落ちそうになったから、血の味の手すりをしっかり握っていたんだよ。2階からダイブって冗談ではよく聞くけど、シャレにならないよね……。
視界良好の凪いだ海を行くようなライブ観戦だった上、きみと一緒に船の舳先に立っている気持ちでとても嬉しかったです。また共に汗をかきましょう!

サフィレットさん
記憶のビー玉には早まるも遅れるもないですよ! 開演に間に合ってほんとうに良かったです。電車の中を走った甲斐がありましたね。
ライブは生き物、最もですね。しかし、いろんな方の感想を聞いていると、ほんとにそれぞれ見ている場所が違うのでビックリする。
これからも奇跡のように立つ彼らを、奇跡のように華麗に仕事をかわし応援しに行って下さい。サフィレットさんのライブ感想を、私は待っています! 必ずまたライブ会場でもお会いしましょう!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。