ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壊れかけのストラトキャスター


まだ買ったばかりに等しいストラトさんの音が出なくなって焦りました。チューニングしようとしたら針がぜんぜん振れないので「おかしいな」と気づき、アンプに繋いでみたら生音しか出ない。どれだけボリューム上げても生音。
これ、おかしいのストラトさんだよね? と一応疑い、チューナーの電池を変えたり、ジョニー(ギブソンSG)にアンプ繋いでみたりして確認。こういうときギター2台あると便利だね。で、やっぱりチューナーやアンプに問題があるのではないことが解った。

こういう事態ははじめてで、よっぽどストラトを買ったお店に持っていこうか悩んだんだけど・・・・・とりあえずできるとこまで自分でしてみよう、と思い立ち、もう一度ストラトとアンプを接続する。そしたらさ、ザリザリ言いながら、ごくたまに音が出ることがわかった。どうやら接続が悪いんだわね。

そんなわけで思い切ってジャックの差込口のところを開けてみることにした。ここで異常がなかったら、やっぱり買ったお店に持っていくしかないなあと思って。それにしてもストラトはこの差込口のところ、素人でも普通に開けられるようになってるからいいね。

で開けてみたら。



黒の線がぶっつり 切 れ て た 。

あーあーあーこりゃ音でないねー。なんという明々白々な。あからさま過ぎる。解りやす過ぎる。推理小説で言うなら「密室殺人、しかし室内に男がひとり!」って感じ。露骨さに戸惑ったものの、自分で修理できそうなレベルで安心。もともとこのストラトは、差込口のところの金具が緩みやすく、イライラした私がその金具を何回も何回も外側から捻ってたのが良くなかったようです。この線がね、金具につられて中でねじれて仕舞いに切れちゃったようなのね。はやめにちゃんとペンチか何かでしっかり捻って置けばよかったのね。

銅線を露出させて、ハンダゴテで接着して・・・・・・事なきを得ました。こういうとき、ハンダゴテ便利ー。ハンダゴテ優秀ー。
もちろん、ちゃんと音が出るようになりました。しかも音がクリアになった気がします。いままで切れかけた銅線で頑張ってきたんだね。ごめんよストラトさん。それにしても、ずいぶん簡単にギターの音って変わってしまうのかもしれないわ。これからはもっと大事に扱おう。

私、電気とか機械とかまるで駄目だったんだけど、ギターに関しては「絶対直す!」という精神に満ち溢れて頑張れることに気づきました。それでね、ほかのものだと面白くないんだけど、ギターだと面白いんだね。「あー、こうやって音が鳴ってるのか」と思うと、余計にいとしい。でも、もう壊れたとかいうことはここに書きたくないね。直って本当に良かった。ジョニーもストラトも大事にしてこれからも楽しくギターを弾いていこう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howlincats.blog114.fc2.com/tb.php/68-5fd20d5c

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。