ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忍び寄る初夏/空から降るもの

・毎年、この時期が苦手だという友人がいて、5月くらいになると彼女は何か鬱々としている。初夏で、あったかくなってきて、連休もあって、いったいどうして塞ぎの虫に取っつかれるわけがあるんだ、と去年までは思っていたんだが、どうもわかるような気もするな。桜が終わると、一気に幕をはぎ取るみたいに「はい! 春終了! 初夏です!」って誰かに大声で耳の側で言われてる感じがしてさ、ぼんやりしていると、ちょっと居心地悪い。「あ、まだ全然準備できてなくて」ってもごもご口の中で言ってる間に、世界が輝きを増して行く、その後ろめたさよ。5月というのは、諸刃の剣だ。なまけものには、少し苦い夜の手触り。

・秋冬は「夜が長いから」と本を読み暮らし、春夏は「昼が長くて明るいから」とやっぱり本を読み暮らしておる訳ですが、いっそもう本を読むのが職業になればいいのにね。椎名誠さんの短編小説で、そんなのあったけどね。読みましたよ『ロックンロールが降ってきた日』。ましまさんとヒロトさんのロックンロールとの出会いが語られているというインタビュー集。ほかにもチバユウスケさんやら浅井健一さんやら、なじみのある人のオンパレード。ともかく頭からしっぽまでぜんぶ美味しく頂いたのですが(もちろんこれはどこから読んでも問題ないタイプの本ではあるけれど、とりあえず最初から最後まで、それって一番大事なことだと思わないかい)「それぞれのミュージシャンのロックンロールとの出会いを語ってもらう」という趣旨が明確な、端正な本だと思いました。そつのないど真ん中のラインナップ、ほぼ年齢順の構成、インタビュアーの気配を消し去ったミュージシャンのモノローグ形式の掲載方法、ちょっと無駄がなさ過ぎるほどに端正な感じだけど、この手の話題の伝え方としては手堅い。私はもう少し「崩れた」感のある、にんげんくさいインタビューが自分の好みではあるのだけども。
しかし、ひとりくらい女性のミュージシャンが入ってほしかったよなあ。シーナさん……は大御所過ぎるけど、チャットモンチーとか、椎名林檎ちゃんとか、駄目だったのかなあ。そもそも男性より余計にしがらみが多い女性の立場からきちんとロックンロールを語ることの出来る人というのが、現れてもいい頃だと思うんだけどなあ。こうしたラインナップには、未だにあんまり女性の名前が挙がってこないよなあ。

・おい、たったいま、うちの前を通過した車、窓からエルビス・コステロが大音量で流れてたぞ。いかすじゃないか。コステロ、フジロックにくるそうだから、いまからもうワクワクしている人がいるのかな。

・そういえばロジャー・ダルトリーが来日しているね。知り合いが見に行ったら、ヒロトさんとマーシーがいたよ! とメールをくれたよ。相変わらずふたりで連れ立ってはライブに行っているようですね。今回ピート・タウンゼントは来ていないけど、すばらしいステージだったみたいで、知り合いからも興奮と熱狂の長いメールが届いた。ピートの病気がよくなって、またフーでも来てほしいね。

・リアルタイムで情報を収集したいことがあって、ツィッターを起動、珍しくあっちこっちライブ仲間のつぶやきなど追っていたら「ニアさん元気かな」とか言われていて笑った。ありがとう、元気だよ! またどこかのライブで会おうね! それから、クロマニヨンズ好きな人が、このところかなり多く50回転ズにも心奪われているようで、戸惑いつつ恋に落ちて行くのがわかる感じ、それもおもしろかった。50回転ズか、彼ら、2007年かな、ライブファクトリーの前座と、そのあとパンクスプリングか何かのフェスで見たなぁ。どっちのときもステージで華麗に飛翔していたが、滞空時間が実に長く、強烈なインパクトがあった。MCは声がうわずりすぎていて後ろのほうで見ていた私には「ケケケケケケ~!」という威嚇にしか聞こえず、何がなんだかわからなかった。そのあと深夜のアニメの「墓場鬼太郎」のテーマソングやったんじゃなかったかな。妖怪じみた「ケケケケケケ~!」を思い出し、妙に納得した覚えがある。なんだろ、ロックンロールに真っ当な姿勢が、ヒロトさんやマーシー好きな人のきもちを揺さぶるのはわかるような気もするな。

・私は、相変わらずレコードを聴いている。本道のパブロックを行きつつ、ちょっと寄り道して初期のエアロスミスなども。『ロックンロールが降ってきた日』のなかでマーシーがちらっと「いちばんいい頃のエアロスミス」を兄貴が見に行った、なんて話をしていたけれど、初期のエアロスミスって、ほんと、ものすごくいいな。私はエアロスミスはけっこう好きで、ライブにも行ったりしてるんだけど、完全に後追いで中期以降からしか触れてなくて、やっと改めて最初の3枚のアルバムなんか聞き直してみたら、もう、かんぜんにガレージロックだもの。そしてブルースがだいすきで、たくさん聞いて、ビートルズとかローリングストーンズの始まった頃と同じように、自分たちで「カッコいー!!」と思った曲を分け隔てなくカバーしているのがよくわかる。憧れと夢と勢いでキラキラしている。かっこいいカバーをたくさん聞くと、カバーというのはどっかでオリジナルを超えなくちゃ駄目なんだ、ということがわかる。これは文章とか作品にも言えることで、誰かの発想をそのまま真似てオリジナルぶることは、結局カバーではなくたちの悪いパロディだ。これはオリジナルさえもおとしめることになるから、そういう言葉をさも自分が発明したように、意気揚々と多用するのはやめたほうがいい。見る人が見れば、すぐに気づかれて、実に格好わるいぞ。ふふ、これは、ちょっとした皮肉だよ。

・しのびよる琥珀色の夕暮れ。あの人の新曲はサイダーという曲名らしいけれど、私はいま、サイダーよりもビールが飲みたいね。ロックンロールも悪くはないが、空からビールがざんざん降ってきたなら楽しいのになあ。あのこの塞ぎの虫もビールで洗い流されて、はやく隅々まであかるい夏が来たらいい。

コメント

ロックンロールが降ってきた日~火怨

ニア様、こんばんは。

おっちゃん達を追いかけて、無理矢理休みを取っていた分、今こうしてヒイヒイ喘ぎながら仕事しています。
GW休みなし~出張!! でも忙しいと、それなりに時間が早く過ぎて、渋公が近づいて来てくれるし……ま、いっか!!

ロックンロールが降ってきた日、読みました。
マーシーとヒロトとチャボとムッシュの所だけ、取り敢えず先に。

何と!! 学校をフケて青山のウドーにチケットを買いに走った、エアロスミスの初来日。マーシーの兄貴も行っていたんですねー(^_^)v

そしてRC!!! 同じ会場に、マーシーもいたんだな!! すごく興奮してしまいました♪
あの時のRC! すごかったんですよ。ロックの大御所に挑み、もう嬉しくて楽しくて仕方ねぇよ♪って言うライブでしたから。
あれからもう30年もたつんだなぁ…

マーシーって読書好きなせいか、言葉での表現に長けていると思われがちですが、自分の感性を言い表すのって、案外苦手なんだと思います。
そういう所は、ヒロトの方が全然上手ですね。

雑誌で、マーシーが、ヒロトは教えるのがうまいんだよ。先生になったらいいみたいなこと言ってましたよね。ホントにそうだと思いました。

マーシーって感覚的人間って言うか…
血液型のタイプ別なんて、何の根拠もないのですが、それでもやっぱりB型人間なんだなぁ…と思ってしまう。
あ、実は私もB型なんです。なので、あのマーシーの話しっぷりに、好感が持てました。

ヒロトはマーシーのことも交えて、聞き手や読み手の知りたいことも心得ながら、彼のスタイルを通した話し方をしているのに。
マーシーは全くそういうことしませんよね。ヒロトのヒの字も出てこない。頭の中は、ひたすらロックンロールが降ってきた日の情景しか浮かんでいない感じ…(笑)

色んな見方をしながら、何回も読める本ですね。

本屋さんに行ったついでに、また好きな伝奇小説を購入。
8世紀に東北に実在した、蝦夷の英雄アテルイの物語~火怨。
英雄譚は大好きで。
ウィリアム・ウォレスとか、シャクシャインとか、平将門とか…
かっこいい♂に憧れるのは、女として当たり前♪

が、忙しくてなかなかじっくり読む時間がありません(泣)

楽しみの先送りで、しばらくは労働に専念です。来月の今頃は、ホールライブですしね!

早く時間が経って欲しい~(>_<)
待ち遠しいです。
……………またね(^_^)v

さくさん
こちらはやっと一段落といったところです。さくさんは、これから怒濤のお仕事、出張でしょうか。お体を壊さないようにして下さいね!
インタビュー本についての感想、私も賛同する部分が多くて、うなずきながらコメントを読ませて頂きました。ほんと、ヒロトさんは本能なのか、それとも元々聡いところがあるのか、どんな場でもじょうずに観衆のレベルを掴むんですよね。そして、その相手に対して語りかけることが出来る。ましまさんは、もっと自分勝手。もっと狭くて、もっと不自由で。でも、ほんとうにそういうところが魅力なんです。
ヒロトとマーシーというコンビを知った当初、私も一般的な理解と同じように、ヒロトのほうが狂人で、マーシーが常識的だと思っていました。だけど、知れば知るほど、ああ違うんだな、と。いまは狂人とは言わないまでも、自由奔放でちょっとずれているのがマーシーで、ヒロトさんのほうがよっぽど常識があると思っています。

私は「ダーク・ファンタジー」の金字塔、S・キングの「ダークタワー」シリーズを読んでいるところ。キング作品でこれだけ読まずに残しておいたのですが、いま読まないともう手を付けることがないような気がして……。7部作、文庫にして16巻組! もう、果てしがなさ過ぎてワクワクします!! さくさんも、どうかすばらしい読書体験を!

『ロックンロールが降ってきた日』は、
ビックリするくらい若いライブ友だちが買ったので、
今度貸してもらうんだよ。
楽しみだよ。
真っ当なロックンロールファンと同じ本に手垢をつけて、
「あそこ読んだ?」「あれどういう意味?」って言うのが楽しみ。
昨日は「憂歌団…てどう読むんですか?」と言われてかわいかったよ。

どろぼうっているんだよ。
ルパン三世みたいな怪盗じゃなくて、
人のものを盗んでることになんにも感じてない輩が。
初めから自分のものだったみたいに平然としているもんだよ。

ましまにあさん こんばんは(´∀`)

「ロックンロールが降ってきた日」金欠病でまだ読んでいないので、とっても楽しみです♡

それより ましまにあさんはついったーしてるんですかっ(゚д゚)!?

(´-`).。oO(ましまにあさん、フォローしたいなぁ…)

はふー・・・。ようこそ連休ー・・・。(憔悴)
ロックンロールはこれから降ってくる予定なのです。
お天気悪いらしいし、ちょうど良かったかな。
他にも、枕元にたくさん本が積まれたままになってるので
うふふふ。私もレコード聴きながら、本の旅にでます。

ひーっひっひっひっひっ!
ニアさんガレージな頃の若い50回転ズ観れてますなー。
うらやましい。
彼らを追っていると必ず何処かで、ヒロトマーシーが出てくるから
毎回「おぉ!」とか思ってしまいますよ。そして、あたし達が2人について話す時と同じような表情とテンションで話すからクスっとしてしまいますよ。

あたくし、ブクログ見たら2月から本を読んでいないことに驚愕!
ちょっとライブやらツイッターやら何やらにかまけ過ぎたみたい・・・(゚Д゚)

tokageさん
ああ、あの本はそうやって回し読んだらほんとうに楽しそうです。私も誰かに貸したいな。あの本の中のひとりのロックンローラーが好きな人が、他のインタビューも読んで、おもしろかったよ! こんどCD聞いてみようかな? って言ってくれたら嬉しいだろうな。

心を盗む怪盗なら粋なんですけどね。発想に著作権はありませんから、せめて同じような言葉を使うなら、私の思いつきを上回ってほしいのです。

みーたんママゴンさん
それこそ近くに住んでいたら、みーたんママゴンさんにあの本をお貸ししたい気持ちですよ!

ツィッターは「mashimania」でアカウントだけ持っていますけれど、どうもなじめなくて呟かないんです。自分、不器用なので、ブログでかなり手一杯です。

ぷにすけさん
もえつきた? 真っ白な灰? お疲れお疲れ。
枕元にたくさん本が積んであるのって幸せだよね! 本とレコードのたのしい旅をお互い楽しもうぜ!

ブチさん
何か、50回転ズはヒロトさんやマーシーとルーツが確かに似ている感じはするよ。私の見たときは、見た目とかパフォーマンスからちょっとコミックバンド寄りかと思ってしまったんだけど、演奏はタイトだったな。

ブチさんも本を読もう! 読もう読もう! 東野圭吾のガリレオシリーズが文庫になった『聖女の救済』も面白かったぜ!

あ!
わたしも『聖女の救済』読みましたー!
一昨日読み終わったばっかりです。

5月。
ましまさんのソロの「ロマンス」を思うねこまちです。

ねこまちさん
東野圭吾さんってホントに何を読んでも一定水準を超えて面白いですよね。すごいと思う。面白いものが読みたいな、と思うときにはとりあえず東野圭吾さんの小説を買います、私は。

私もいっそ5月になって、ましまさんの肩甲骨あたりに吹く風に化したいなあ。そんなことを思って、ただゴロゴロしている天気のいい一日でした。まあ、こんな過ごし方も悪くないね。

にあさんは、肩甲骨あたりに吹く風になる。
わたしは・・・そうですねぇ、綿毛になって、風に乗ってましまさんを見つけて、
すーっと筋の通った彼の鼻をすべり台にしてあそびたい。
もういっかい、もういっかい、と何度もすべって、
それで、ちょっとくすぐってイタズラしたい。

・・・こんなことを考えているだけで楽しくなってくるので不思議です。

ねこまちさん
かれの鼻をすべり台にして散々あそんだねこまちさんの綿毛は、そのあときっと、ちかちか笑うようなかわいい花をどこかの公園に咲かせるのでしょうね。そして、それを見たあのひとは、あたらしい歌を生むのかもしれません。

こんにちは~♪
私も『ロックンロールが降ってきた日』読みました。
今ちょっとコレクターズにはまってるので コレクターズのギターの
コータローさんとマーシーの共通点が面白かったです。
最初ビートルズでぶっ飛んで 次にセックス・ピストルズの
「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」でぶっ飛んで
ギターはソロを弾くよりもカッティングで
ロックを仕事にしたいという気持ちが揺らいだことがないという。
コータローさんのギターもとても好きです。

それから 加藤さんが「シー・ラヴズ・ユー」の「イェーイェーイェー」
の三声コーラスって言ってたら
チャボさんも「イェーイェーイェー」の叫び声って。

あと嬉しかったのはヒロトの「サティスファクション」のイントロを聴いて
「ドゥ・ワ・ディディ・ディディ」の仲間じゃん、これ、って。
と思ったというところ。
当時 うちの姉がストーンズファンだったので ビートルズは敵だ!って
雰囲気があったんですよね。でも やっぱりビートルズはグレートだし
「レット・イット・ビー」なんて買ってたんですが、大阪人としては
ダントツ一位のファンというのは ちょっと抵抗がありました(笑)
だから ヒロトがビートルズよりもストーンズが先というのが
嬉しかったです。それからロバート・ジョンソンはもっとあとになって
から聴いた。「ラヴ・イン・ヴェイン」がそんなに凄いと思わなかったから
と言ってるけど 私は高校生だったかな?この曲聴いた時 映画の
一場面みたいな映像が浮かんでほんと切なかったのを今でも
覚えています。 ストーンズの曲だと思ってたから ロバート・ジョンソンに
行きつかなかったけど(笑)
どこかのTVで一番好きなミュージシャンは?という質問に
ヒロトはロバート・ジョンソンを挙げていたので 今はとても好きなんだろうな。
あと 最後の「月や星は輝いていないよね?」っていうのは正確には
「月や惑星は」ですよね。恒星は自ら輝いていて太陽も恒星だから。
編集の人 (注) 入れてほしかったです。

最初に読んだときは ちょっと物足りない気がしましたけど
ところどころ何度か繰り返し読み返したくなる本ですね。
 

ふたりぼっちさん
コメントをありがとうございます。『ロックンロールが降ってきた日』、いろんな方のお話が載っているので、一読すると「読んだよ!」って誰かと感想を話したくなりますよね! 私もコレクターズのコータローさんとマーシーの「ロックンロールとの出会い」ってすごく似ているな、と思いましたよ。

ヒロトさんは以前にも何かのインタビューでローリングストーンズについて「ミックがイエーイエーイエーフーッ! って言えばそれでOK」みたいなことを言っていて、そのとき私には映画「シャインアライト」での正にそのシーンが頭にバーッとよみがえって「確かに彼がイエーイエーイエーフーッ! ってやればそれで全てOKだな」と思った記憶があります。サティスファクションの「ダッダー♪」もドゥワディディもほとんど意味のない音のはずなのですが、ロックンロールではそういうところにとんでもない希望がぱんぱんに詰まっているんですね。

読み方によっていろいろな光り方をする本です。ぱっと開いたところを読む……なんていう拾い読みの仕方も面白そうですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。