ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Lust for】エースなロッカーに逢いに行こう!【rock'n roll!】‐行くぜ、ロック月!-

5月の後ろに控えまするは、やってきたぜ、ロック月! 真夏を視界の端に捉えて、ますます好調、クロマニヨンズのツアーもいよいよ最終戦!


ツアー始まってすぐの鹿児島から名古屋までのライブ参加者レポートはこちら
関西、長野はこちらでみんながレポートを書いてくれたよ!
鳥取から毎年ミラクルが起こると有名な岡山、ヒロトさんが誕生日を迎えた岐阜まではこちら
滋賀から山梨、甲府まで3月中のライブレポートはこちら
でどうぞ!
郡山、川崎を経て、東北のライブレポートは、こちらでどうぞ!
広島から高崎、北海道へ続くゴールデンウィークをまたぐ道中の様子はこちら
松本から渋谷、宇都宮など関東のライブに行った皆さんのレポートはこちら


こちらの記事はザ・クロマニヨンズ「エースロッカー」ツアーの感想/ライブレポート/参加表明/クロマニヨンズへの想いの丈/遭遇情報など、何でも来い! で受け付けます。

なお、ライブレポートを受け付けている以上、セットリストや本ツアーの構成についてネタバレする可能性があります。ツアーも後半に入ったけれど、まずは自分の目で彼らの出現を見るのだ! と意気込んでいる諸君は、この記事のコメント欄を開かぬように。

いままでのように、おひとりおひとりにコメントの返信がなかなか出来ない状況にありますが、全ての文章をありがたく、嬉しく読んでいます。これからも宜しくお願い致します!

コメント

“オ”の巻


にあさん、産後の肥立ちはいかがですか?エイト君と一緒に、優しい音量のロックンロールを楽しんでいるかしら??

関東ホール編最終・大宮へ行ってきました。見事にど真ん中の席だったのですが、通路脇に座る好青年が交換をしてくれて、あっさりと小林君の真正面へ!※脅してませんので、あしからず。
開演前にさくさんの姿を見つけ、声をかけさせて頂きました。楽しい一時をありがとうございました☆

小林君はニコニコのキレキレで、いつにも増して見応え十分でした!『他には何も』から気合い十分で、左足を何度も蹴り上げて、勢い余ってよろけてました(笑)。もったいなくて目が離せなかったのですが、『ムーンベイビー』でマーシーをチラ見したら…赤ちゃんをあやすみたいに左右に揺れながら、ゆらゆら優しくギターを弾いていました。
それから『グリセリン』→『底なし』のイントロは、予定調和になったようです。涼しい顔でのんびりとギター交換を済ませ、小林君と踊るほどの余裕でした。
まだちょっぴり馴染んでいない感じがして、『突撃ロック』が楽しいです。今度見る時には、きっと自分らしい演奏になっているのだろうなぁ…と思うとわくわくします。

大宮では、ヒロトがステージから降ろされた(?)というハプニングがあったようですが、私は全く気づきませんでした。そういえば一瞬、小林君がヒロトのほうを見ていたような。前方に大人数で走り寄って行って、ちょっとライブハウスと化してました。ルールは守るべきなんじゃないの??と、白けたのも事実です。

最後はカツジのほうを向いて、三人で万歳。留まることを知らない凄まじさ…まったく何なのでしょうね(^^;)
西のほうから戻ってくる彼等を迎える日を待つとしましょう。

“キ”の巻

いえーい!ヒロト前ちょいコビー側!のはずが
幕が開いたらコビー真正面でした・・・焦った。
ヒロトはなんかもう、細すぎて白すぎてツルツルすぎて
蝋人形のようでしたよ。見事な透明感。
自転車…のコビーがネジを巻きすぎたのか?
首がもげるのではないか?というぐらいの動きで
思わず笑いながら見てしまいました。
あとチラッと見る度に、優しい目でフロアを見てるのは
反則ではないかしらー。見事なアヒル口もちゃんと見れたし、
今回、私はコビーの巻って感じでした。
そして、やっぱりKBSホールはステンドグラスが美しいです。
(マーシーは…遠すぎて見えなかったの。ホントよ。ごめんなさい。)

オリックスには行ってないけど・・・

あたくし6/10、他のバンドのライブを観に上阪していたのです!

狭い範囲に10件以上もレコード屋さんのある宝の街、アメ村。
2件目のお店でマーシーに会いしました。
入り口で「中にいるよ・・・」って聞いてたのもあってか、目的がクロマニヨンズじゃなかったからか、やっぱりヒロトが好きだからか笑 
思ったより普通だったよ、あたし。
もっとギャースギャース!なるかと思ったんだけれど。
遠目で見たら細っ!細っっ!!!
何やら、店内でもレア度の高い入荷したてのコーナーを
ゴソゴソしておりました。
うちの人がマーシーの後にお会計待ちしてる間に、ちゃっかり店外に出て
「捕まえた!!」とばかりに握手だけお願いしました♪
ちゃんとガッツリ強く握ってくれて嬉しかったです。
いっぱい、レコード屋からの出待ちさんが居て笑 
写真やらサインやらモテモテでした。
そいや、コビーも少し遅れて来店してました。
多分、コビーはブリティッシュコーナーに居た模様・・・・。

あの日、心斎橋では大変な事件が起きてました。
まさに彼らに遭遇してるくらいの時間に。
色々、思うけど、、、何事もなくて良かったです。

Zepp名古屋行って来ました!

にあさん、エイトくん、お元気ですか?

Zepp名古屋、親子で行ってきました!

整理番号は200番代前半だったのですが、遅めに着いて300番代後半の人達と一緒に入場したのだけど、娘はちゃんとマーシー前4列目には行けたとのこと。(私はマーシー側で壁とお友達に…)

いよいよ始まって、まずヒロトを見て思ったのは、「えっ、コビー?」。髪の毛、真ん中だけ少し伸ばしてました。カッコいい!約1週間振りのライブだからか、とてもお元気そうで、嬉しかったなヾ(=^▽^=)ノ

マーシーは、髪長めで白髪の割合が増えたような…2月のライブより陽に焼けて色が黒くなって、頬もこけて?精悍な感じに見えました。

セトリは覚えていませんが、いつも通り♪他には何もから始まって、♪ハルになった時、うがいタイムだったヒロトが前奏中に慌ててマイクスタンドに戻って、「き、せ、きぃの~」と滑舌良く歌い始め、うっとりしていたら、なんと隣のギタリストの右側の乳首&乳輪が完全に露出してるじゃないですか!
私、何となく、にあさんはしばらくライブ行けないんだからマーシーを見てお伝えしなきゃ…という使命感?に駆られて、いつもより多く真島氏を見ておりました。黒のエースロッカーTだったのですが、あまりに斜めになって弾きにくかったのか次の曲では直してましたが、♪ハルの時は◎が出過ぎてて、見慣れない私はヒロトに集中できませんでした(*/ω\*)

ヒロトも黒Tで、Aの横棒突き抜けた形にテープを貼っていて、他の方のライブレポートにも書いてあるのに私はすっかり忘れていて、エースロッカーのAかな?やっぱりヒロトはエースだからな…なんて思ってました。前の方のお客さんに「愛知のAだ。これ貼っとかないと、ここがオレゴン州か何かと間違えてしまうから、Tシャツに貼っといてくれ!」みたいなことを言って、渡してました。
ちなみに、真島さんは背中に十字架の形に貼っていたとうちのマシマニアが申してました。

♪コロッケ定食の時、最近涙もろい私は、「だんだんよくなる~」と連呼?してたら、何だか泣けてきちゃったのですが、直後に怪しい前奏と共に♪連結器…が始まり、ヒロトのパフォーマンスを見ていたら、涙も即引っ込みました。その時だったか忘れたけれど、私が真島氏を見ている隙に、お尻ぐらい出してたような気がします。

コビーもカツジも大好きですが、この日は遠くてよく見えなかったです(≧▼≦)ただ、♪自転車リン…の時はコビーがすごくシャウトしていて素敵でした。

この日は、ヒロトは途中水撒きしたり、最後から2曲目で最前列の端から端までにタッチしたり、大サービスでしたけど、体力なくなってる最後から2曲目で“エネルギー源ヒロト”の姿を見失ったヒロトスキー4?歳は、気力が途切れ、立てなくなりそうでした。

マーシーとコビーも、お客さんにタオルを投げてましたよ~

娘はピックもタオルもゲットできなかったけど、ヒロトの水だけはかかったとかで、かかった場所を私に触らせてくれました(。・ω・。)

ヒロトはアンコールに入ってすぐだったか、急に「今日は楽しかったよー!」といつものように拳を振り上げて叫んだかと思ったら、「ちょっと元気な感じで言ってみました…」と照れ笑い(^ω^)…可愛すぎます!

♪メヒコが聴けなかったのが残念だったけど、名古屋初の♪49ccが聴けたので、良かったです(「ちょびっとね…」可愛かった)
やっぱりヒロトのことばかりになってしまいましたが、少しでも楽しいライブの様子が伝わっていたら嬉しいです。

娘に「今日の真島さんはどうだったの?美しかったの?」と聞いたら、「美しいとか美しくないとかそんなことじゃないのよ!一瞬も目を離すことができない存在なの!」と訳のわからないことを申しておりました。

それではにあさん、体調に気を付けて、エイトくんとのHappyな時間をお過ごしくださいね!

ぜっぷなごやいってきました・ω・
初スタンディング、初ろんりーライブin名古屋で、ばっちり迷子になりました。←
ひとりだと、知り合いに我を忘れた姿を見られなくてすむからいいですけど、並ぶときに他のひとに番号きいたりするのにちょっと勇気がいりました(ちきん)


開場にはいると、一番前のほうのブロックが少しあいていたのでそこへ。前の三重県文化会館のときにくらべ、はるかにステージが近いことに若干興奮。
前説のお兄さんがでてくきた後かその前かのあたりでぎゅーっとおされて、3、4列目へ。そのあともおしつおされつで、2列目くらいまでいけました(´∀`)もちろん真島側の
周りが頭一個分高いのでうもれましたが、ちょいちょいマーシーも見えたりして、その近さにさらに興奮。CDの特典のライブ映像かと思ったりしました・・
が、うもれて死にそうだったのでセットリストはよく覚えてません(‐ω‐`)
とりあえず、始終 こんな近いとこにいる、真島さんちの昌利さんがあんなとこにいる とかばっかり考えてました。麗しかったです。
あと、とんできたタオルに少しさわりました。興奮しました。
それから、前のほうまでやってきて、ピックなげるの?なげちゃうの?と期待させておいて去っていくというドS具合にも興奮しました。
とりあえずマーシーがかっこよかったので興奮しておきましま。

次はもっとちゃんといっぱい見れるようにしたいです、うもれないように!
レポできてないΣ(」・ω・)」

こんにちは、ニアさん

新木場の記事、読ませていただきました。
ニアさんの元気のもとを分かっている旦那氏、素敵ですね(o^^o)

私も、呆れ返りながらも送迎(駅までですが…)してくれる旦那に感謝しつつ、Zepp Nagoyaに行って来ましたーっ♪

フロアは上下2段に分かれていたのですが、私は上段のマーシー側でピョンピョン飛び跳ねていました(^ ^)

マーシーは襟ぐり深めの黒いセクシーTシャツで現れ、ラッキー😍と思っていたら、始まって直ぐに右肩と乳◎が…上段にいたのにガン見してしまいました! (◉ ◉)
余りにガン見に集中し過ぎて…何の曲か覚えていませんでしたが、Marilynさん、ありがとうございます。♪ハル の時だったんですね。ガン見に集中し過ぎて…他には何も…(笑)

とにかく楽しかった事しか覚えてませんが、雷雨決行 でのカツジの身の乗り出し具合に笑い、自転車リン のコビーのシャウトにシビレ、連結器 のヒロトの腰付きに釘付けになり、「ツノヨシオ」を探せも敢行して来ました。

ステージからは少し遠かったけれど、4人が楽しんでいる姿がとてもよく見えて、アンコール終了後にメンバーが何度も何度もバンザイしている姿に、私も心の中でバンザイしてしまいました。

マーシーの投げるピックをゲットしたいとか、モッシュに揉まれてみたいとか、ヒロトのまく水を被りたいとか…夢は色々有りますが、やっぱり私は少し遠くても4人が楽しそうに演奏している姿を、まるごと全部見るのが好きなんだな~と認識したライブでした。

ありがとうACE!の巻


にあさん、こんにちは。

新木場!とうとう私はACE千秋楽を迎えました。「良番を取れたらビキニで参戦します!」って願を掛けたものの、裏目に出て神様は逃げてしまったらしい。飽きもせず、同じような場所で見続けてきたものだと感慨深く開演を待ちました。いつもと違うのは、カツジ側だったということ。まあ、単なる名称の差ではありますけれど…。

最後ということもあり、余すところなく全てを焼き付けよう!そんな気持ちで一杯でした。でも、しがみつこうとする程すり抜けていく…そんな儚さも味わっていました。ただひたすら見つめることしか出来なかったのです。いつも通りの弾き癖、ここでしゃがみ込み、ここで右腕を上げ、ここで首を振り、まるで歌舞伎の型に似た様式美みたいな演奏を。
撮影だったせいなのか、『自転車』のシャウトはちょっと気取っていて、ベースをかき鳴らす姿はいつもよりさらに大股で、ヒロトのMCでもポロポロと長く弾いていて…最後なのに新鮮でした。結局、見慣れることなんてなかったのだなぁと思います。

撮影ってことで照明が凝っていて、余計に生身の人間には見えませんでした(相変わらずアンドロイド系。ちょっと筋肉が落ちた感あり)。あれは青い照明の時、弾きながらカツジのほうを向いたその瞬間、顎から大粒の汗がポタリと滴り落ちた…。まさに息をのむ美しさでした。もしかしたら、この瞬間のために全てのライブがあったのではないかと思えるほどの。

あらゆる形容詞を使っても表せない思いと共に、ACEツアーが終了しました。にあさん、いつもおじゃまさせてもらってありがとう!そして、お会い出来た皆さまもありがとうございます。
そして何より、万障繰り合わせるパワーをもたらすロックンロールと、あのどうしようもなくカッコいいベーシストに心から感謝☆
また、どこかの街で!

わたし、行きました。行っちゃいました、沖縄。

ニアさんのご想像通り、特別なことは何もなかったです。
アンコールはいつもより1曲多い5曲だったけど、それ以外はいつも通りの爆音とまっすぐなロックンロール。
私はそれがとても、とても嬉しかったのです。

でもアンコール5曲だなんて慣れないことをするものだから、ヒロトさん曲を間違えちゃって、慌てていました。
「わー、恥ずかしいぃぃ」て頭をポカポカ叩いてましたね。
その時、女の子たちの「キャー」っていうのが聞こえました・・・(笑)

そうだ、いまさら発言で恥ずかしいのですが、
ましまさんて奇跡のように美しいと思いました。

特に昨日のましまさんの表情がすごく印象に残っています。
勝治さんやコビーさんの方を向いたときにだけ見せる笑顔というか、素に近い表情なんだろうなと思うのですが、目じりに笑い皺を作って・・・。

アンコールの掛け声の合間に、リズムをとるように指笛が聞こえました。
私は初めて生で聞いたのですが、あの熱狂の中に響く指笛に鳥肌が立ちました。かっこいいぞ、沖縄男子!

ラストの弾丸ロックが終わったあと、彼らは何度も何度もバンザイをしていました。私はコビーさんから視線を外すことができなかったけど、彼の笑顔の先には勝治さんやましまさん、ヒロトさんの笑顔があったはずです。

終演後もいつまでも鳴り止まなかったアンコールの呼び声と指笛。目を閉じるとあの情景が浮かんできて、私の心を動かします。
ああ、あの人たちは10億年後どころかその先もずっとロックンロールしてるんだな、と思いました。

昨日のライブと帰りの空港でお会いした方に、「ハウリンキャッツのルードガールさんですよね?」と言われてびっくりしています。どうしてわかっちゃったのかしら?!
同じ人が好きだから、きっとまたお会いできますね。
その時は色々お話できたらいいなと思っています!

沖縄ナムラホール

はじめまして、いつもにあさんの素敵な文章と皆さんの楽しいコメントを読ませて頂いてます。
ライブは行っているのですが、脳みそのしわが伸びてしまっているのか、ライブの記憶はほとんどすぐ消えてしまい、とてもこちらのブログにコメントなんて出来ないと思ってました。
でも、今回書かせて頂いたのは、このブログを通して知り合う事ができた人が
いたからです。

ルードガールさん、先日は急にお声がけしてビックリさせてしまいごめんなさい。
行った先々のコメントを読んでほとんど私と同じあたりにいる人なんだろうなと思っているうちに、この人かなって思う人がやっぱりルードガールさんでした。今度また、いろいろお話ししたいですね(*^_^*)

という訳でにあさん、すみません。熱いコビーファンのため、
マーシーをほとんど見ておりません(^_^;)

肝心の沖縄ファイナルですが、予想通り特別なことをする訳でなく
いたって普通のいつもと同じライブでした。
(会場が昭和な感じだったんですが、メヒコの時のライティングはきれいだったです)
終わってはけるときも、ヒロトもコビーも下手側のファンの方に来ないで
すたすた帰ってしまいました。
でも、マーシーだけは、声をかけたら近づいてきてくれてハイタッチしてくれました。
嬉しかったなぁ~!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。