ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界のすべての11月

11月というのはどうもアンニュイだね。メランコリックで象徴的な感じがするね。目に涙をたくさん溜めて光をのぞくようなソフトカラー、水彩画のイメージ。12月になると町は一気にクリスマスを纏って急にはっきりとするのに、11月の輪郭はどこかぼやけている。でも、ガンズ&ローゼスの「ノーヴェンバー・レイン」は素敵だな。そんな11月も、いよいよ終わりだね。大事でかわいいきみは、いかがお過ごしですか?

ご明察通り、ティム・オブライエンの『世界のすべての七月』を読み始めたところなのさ。村上春樹さんの訳。このごろ翻訳ものがおもしろくてね。翻訳された小説自体だけではなく、翻訳する人の作業にまで興味を抱いて、村上春樹さんと柴田元幸さんの対談本まで読んでしまった。『翻訳夜話』だったかな、この本は同じひとつの小説を春樹さんと柴田さんがそれぞれ訳し合ったものが掲載されていたりして、とてもいい本だったよ。妙なもので、海外の小説が好きになると、翻訳者というのにへんな親近感を覚えるようになるんだよな。柴田元幸さんは私はポール・オースターの名訳でずいぶんお世話になったし(これがまた、お世話になった、としか言いようがないような気持ちなんだよ)そもそも日本文学ばかりを好んで読んでいた私が「しまった、海外のものもおもしろいぞ」って気づくきっかけになった一冊が、春樹さんの訳した『心臓を貫かれて』(マイケル・ギルモア)という本だったのだよ。
『世界のすべての七月』はまだ読み始めたばっかりだけれど、どうも同窓会の群像劇のようで、こういうものを書く手腕のある人はほんとうにうまい場合が多いのでわくわくしている。群像劇は、むずかしいんだよ。でも、うまく書けると小説としては一級品になると思う。私は群像劇が好きなんだ。だから、当時から賛否両論あったけれど、日曜の大河ドラマでは三谷幸喜さんの書いた「新撰組!」がいちばんすきだったよ。あれは若者たちの群像劇としては、すばらしくよく出来ていたものね。




最近はどうも寒くてね。エイトもいるから、あまり遠出はできない。昨日、久しぶりに髪を切ったよ。エイトが私の髪をつかんで振り回すのがブームで閉口してたんだ。もう顎の線のマッシュルームカットにしてやろうと思って、美容師さんに「どういう感じになさいますか?」って聞かれてぽろっと出てきた答えが

「50回転ズみたいにしてください」

だったよ。「そんなオーダーはかつて聞いたことがない」って大ウケされたから良かったけど。私の行ってるところの美容師さん、音楽が好きだからね。でも普通はなんて言うんだろう? 「木村カエラっぽくしてください」? カエラちゃんってまだボブカットだったかな? 
あやうく前髪を斬新に額の真ん中へんでそろえられるところだったけれどそれは阻止したよ。「ママ友的にまずい」という理由で。50回転ズで既にまずいことは棚に上げているよ。


(髪型と言えば、エイトはなかなか髪が生えてこないのだが……ハッと気づくと、イアン・デューリーに似ているのであった。

参考画像/IAN DURY氏
イアン父ちゃん。

参考画像/きょうのえいと。
髪型イアン似。

やっぱりおなかの中であれだけ聞いたら似てくるんですね。というわけで、長い括弧でした)


見事なマッシュルームカットになった私を見て、美容師さんがしみじみと

「ニアさん……もしその髪型でクロマニヨンズのライブに行って、マーシー側最前列とれたとしても、完全に

50回転ズのファンがクロマニヨンズにも来ている

と思われますよ……」

って言われた。まずいわ! それじゃまずいわ! 50回転ズもすきだけど、マーシーに勘違いされるのはまずいわ! ツアーまでに、また髪型を考えなきゃ!!

というわけで、クロマニヨンズもツアーが決まって、大変めでたいですね。今回のニューアルバムの曲名を見ただけで、ワクワクします。

コメント

こんにちは、50回転ズのファンにしか見えないにあさんとイアン・デューリー似のエイトくんは、如何お過ごしでしょうか。

私はどうも外国の人が書いたお話が苦手で、あまり読んだことがありません。文体や登場人物の名前に、どうしてなかなか馴染めないのです。名前を覚えられないというのが一番大きい気がします。カタカナって難しい。というわけで、私は外国の本は児童文学しか殆ど読んだことがありません。エルマーのぼうけんシリーズ、リンの谷のローワンシリーズ、ムーミンシリーズなんかが昔から好きです。いま書いていて思ったのですが、小さいころの私はファンタジーが好きだったのでしょう。児童文学のほとんどはファンタジーな気もしますが。ちなみにエルマーはエルマーとりゅう、ローワンはローワンと白い魔物、ムーミンはムーミン谷の夏まつりのスナフキンが一番すきです。
ハウリンキャッツを読んで、翻訳ものも機会があれば読んでみようかなと思いました。馴染めない、の一言で読まないのはとてももったいないことな気がしてきた……

それではまた!

凛華さん
「50回転ズのファン」ならまだ素敵なんですが、帰り際、美容師さんにポツリと「しばらくバターに近寄らない方がいいですよ。スライスして炒められる危険性があります」と真顔で言われた一言が頭を離れません。そこまでマッシュルーム……?

私もエルマーとりゅう好きだよ!! エイトが早く読めるようにならないかと思って(気が早い)、本棚に並べてあります。
もし凛華ちゃんが児童文学のファンタジーや冒険もの……トムソーヤ、宝島、15少年漂流記なんかに抵抗がないなら、そのうちにキングを読むといいよ。スタンド・バイ・ミー(原題は確か「THE BODY」)、「刑務所のリタ・ヘイワース」それから「IT」。キングはダークタワーシリーズというほんもののファンタジーも書いているけれど、スタンドバイミーやITも私からすれば良質のファンタジーだ。翻訳物は取っつきづらいと思っていた時期が私にもやっぱりあったけれど、ほんとうに良い物語は、時間や世代や住む場所を超えて、魂を揺さぶるものを持っていると私は思うよ。

もうそれで行こう。
これから先の人生、50回転ズしちゃおうじゃないか!笑

でもマッシュルームてやってみると案外楽チンで。
寝ぐせさえ直してしまえばスタイリングなんか不要だしね。
ひと夏の経験で、ちょっと中のほう刈り上げたあたしも
やっぱマッシュだよな!と振り出しに戻りました・・・・。

ひとまず次回会うその時までマッシュ、キープしといてくださいよー。
伸びてたら襟足掴んでそのまま美容院へ連行だ!!!

ブチさん
私、髪が多いので上の髪を顎の線でそろえてかぶせて、中を刈り上げましたよ。かぶせてある髪をめくるとかなりアバンギャルドです。美容師さん曰く「ママ友には見せない方がいい」だそうで。ただのマッシュルームじゃないんだぜ、ちょっと危険なキノコさ……。

いやいや来年ツアー始まるし、もう次どうするか考えてますんで、50回転ズに入れそうな髪型は今冬限りですわ。やっぱり真島さんに目を留めてもらうためにはあれかな? ゆるふわカールでモヘアニットかな?(がんばってみたけど、微妙に古い認識)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。