ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと炎、とがってる。

なんだか密林が届けてくれるの遅くてさあ。遅ればせながらようやく聞きました、クロマニヨンズニューシングル「炎」。二人、という字はばらばらにして組み合わせると「火」に似て、そして火と火がくみ合わされば「炎」、と、まさかそんなクイズのようなことまでヒロトさんは考えていないだろうけれど、私は最初に聞いたとき、ついそういうふうに思ってしまいました。
「雷雨決行」はふたりで船を出し、世界に乗り出して行く歌だった。「炎」には閉じたものを感じます。読みかけの雑誌はたぶん「人」と言う字に似て重なり、その部屋に自分じゃない誰かと二人。ドアの外にも世界はあるのに、部屋の中で永遠を感じてしまっている。いろんな解釈があるのだろうなあ、と思います。やっぱりヒロトさんとマーシーのつながりを思わせたり、ラブソングのようにも思えたり。もしこの歌がヒロトさんとマーシーの歌なら、ふたりの間の絆はなんて強いのだろうか。ほんとに「火」と「火」で炎のような二人なんだな。

「とがってる」は私の好みの歌です! こういうのが好き! ベースラインもかっこいいし、やっぱりハープが入ってる歌の方がいいなあ。ハープとか、ピアノでもいいんだけど、それの後ろで刻むリズムギターが私はぞくぞくするほど好みだね。もう、ライブになったらギタリストひとりだとソロに回らなくちゃならなくてもったいないから、バンダナ野郎が前へ出て気分よくソロ弾いてる間、あたしが一歩下がってバックでリズムギター弾いてやるよ。歌詞は、最近の真島さんらしく、やや削り過ぎで聞く人にゆだね過ぎの感が否めませんが、それにしてもこういう曲を聞くにつけ、クロマニヨンズのリズム隊のうまさ、勘の良さが際立ちますね。

火と火で炎、それはもうヒロトさん&マーシーのコンビには分かりきった話。そこにコビーと勝治を加えてクロマニヨンズ、ねえ、ヒロトさん、ご存知? 火という字を4つ書いて「燚」という漢字もあるそうですよ。いち、と読むそうです。ああ、やっぱりね。ヒロトさんとマーシーだけじゃなく、ひとりひとつずつ素敵な火を心に秘めたクロマニヨンズ、2月に発売のニューアルバムでも「いち」ばん素敵なロックンロールを、お願いするぜ。

コメント

こんにちは!凛華です。
私もとがってる、すぐに気に入りました。一回聴いただけで楽しくて楽しくて。コンポの前でどたばた踊って飛び跳ねて遊びました。
火がよっつ、そして読み方はいち。そんな漢字があるなんて知りませんでした。火が四つ合わさって、いち。いいなあ。若い娘さん風に言うと4娘1。よんこいち、と読みます。にこいちから来た言葉だと思います。4娘1。娘じゃあないけれど。おっさんだけど。ああ、話がずれてしまいました。
ちなみに私は、炎がヒロトくんとマーシーの歌だ、とは思いませんでした。じゃあなんなのか、といわれるとうまく言えないのですが。ただ、漠然と、不特定多数の、きみの歌かな、と。伝わりにくいですね、すみません。けれどもヒロトくん、そんな歌を歌うのかなあ。

凛華さん
とがってる、いいですよね! 矢印みたいなものを思い浮かべてしまう曲です。

あ、実は私も最初は「炎」がヒロトさんとマーシーの歌だなんて思わなくて……火が4つの漢字を見つけたので、それを紹介したいためのこじつけでした。凛華さんのいう漠然としたかんじ、ちょっとわかるような気がするよ。
ただ、その漠然さをあえて突き詰めて考えるなら、そもそも「永遠」に対して疑問を持っていた人がこういう歌で「永遠」を持ってきているので、私はやや後ろめたいところのある恋の歌、みたいな解釈も好みかな。でも、それこそ、そんな歌、ヒロトさんは作ったりしないだろうなあ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。