ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエティVSクロマニヨン、買い物メモの裏の感想。

いかん、今回は曲名だけ聞いてヒロトさんの曲か真島さんの曲かを当てる「どっち大会」をすっかり忘れていた。でもまあ「団地の子供」なんて明らかにマーシーだし。そんなに過激な混戦にまではならなかったのではなかろうか。

こそだてに追われつつも、大好きなバンドのニューアルバム発売はやっぱり嬉しいものです。ロックンロールは非日常だとあれほどハウリンキャッツに書いていながら、いまのわたくしは実に庶民的に「レノア」とか「料理酒」とか書いた買い物メモの裏にさっとペンを走らせたアルバム感想をこれからここに残そうと思っているのです。日常と非日常は表裏一体ですね。リアルに裏打ちされたリアリティというのが、いちばん素敵だと思います。

アルバムタイトル、イエティ対クロマニヨン……という読み方でいいんですよね。とうとう架空の生物に喧嘩を売ったというわけでしょうか。これこそがリアル対リアリティ。……高橋ヨシオがリアルか? という疑問はさておいて、短いながらも1曲ずつ、聞いた最初のイメージを書いて行きましょう。ちなみに、私はアルバム発売まで「突撃ロック」「炎」以外の曲をいっさい聴いていませんでした。いつものようにわざと聞かないように自分に緊縛プレイを施すなどという暇な所業が出来たはずもなく、単に時間がなくてほとんどラジオやテレビなどを追えなかったからです。


1.突撃ロック
シングルとバージョン違いなんですね。アルバム収録バージョンの方が好きです。でも、そもそも私はタイアップ曲(特にアニメの)というのがいまいち好きになれないので、シングルのときからそんなに聞き込んでいませんでした。タイアップということを忘れてアルバム1曲目として考えると、勢いもいいし、ふさわしいのかな。

2.黄金時代
ヒロトさんの巻き舌のラリルレロの発音が好きだからたくさん聞けて嬉しい。ヒロトさんは、ラリルレロにとどまらず、濁音の発音も綺麗だよね。ライブ向き……というか、ライブで楽しいだろうな、ということしか考えられない1曲。しかし、この期に及んですべてを「バンバンビンビン」で押し通せると思っているところに真島さんの限りない傲慢さを感じて震えているのは私だけか。

3.人間マッハ
「パンダで行くぜー!」とか「マッハのこころー!」とか歌い違いそうになりませんか? 私、最初「人間マッパ」かと思ってたよ。マッパならヒロトさんの曲だろうなあ、と思って、確かにヒロトさんの曲だったけど、すごくいろいろ間違ってた感が。
イライラしていいじゃないか、というのは最近ヒロトさんがよく言ってることで、彼はわりあい素直に曲作るよね。ぱりぱり言う青白い静電気が体中に通っているような曲。パリパリのギターソロ、短いけど一応ギターソロもかっこいい。

4.涙の俺1号
さいしょにタイアップは嫌いだと言っておいてすごく矛盾してると思われるだろうけど、ヒロトさんの作る曲はアニメ主題歌のようだな。あの、説明しますね。私の嫌いなタイアップアニメ主題歌は、漫画の内容に関係ない曲をオープニングに持ってくるやつで、アニメの内容をちゃんと歌っている主題歌はだいすきです。ドラえもんの主題歌はドラえもんについて歌うべきだし、バカボンはバカボンについて歌えよ! それが筋だろ! って思うの。だから、山本正之さんの作る主題歌なんかは全部好きだよ。で、ヒロトさんの歌がアニメ主題歌のようだというのは、たとえば「人間マッハ」は「マッハマン」とかそういうヒーローものの主題歌にしたらしっくりきそうだな〜とか思ってしまうのよ。マッハマンは電気で変身して悪の組織をやっつけたりね。
これはたぶんヒロトさんの作る歌が短い言葉でズバッと本質をつくから、私にはそこがアニメの内容を要約してそのヒーローの本質について歌い上げるのが王道のオープニングソング、主題歌になんとなくかぶって感じられるのだと思う。ちなみにマーシーの歌は悪の組織側が歌うエンディングソング的だと思う。それで、私はやっぱり「ヤッターマンの歌」よりはさんあくトリオのうたが好きなんだよねえ。そういう性質なんだろうなあ。
あっ、長々語ってしまったが、このへんのアニメ主題歌についてというのは私の大学時代の研究テーマだった。いつ頃からあんなにアニメの内容に関係ないタイアップ曲が増えたのか、ということを調べて行くとものすごく興味深いことがわかるんだけど、これはまた別の機会にしよう。
それにしてもこの「涙の俺1号」は、
ジュディアンドマリーの「くじら12号」、

及川光博の「悲しみロケット2号」

と一緒に号トリオ曲として全国民に周知させたい。ヒロトさんもかわいい顔を見せるときがあるけど、YUKIちゃんはもちろん、若い頃のミッチーも信じられないほどかわいいときがあるな。

5.チェリーとラバーソール
こういうギター、好き。桜の下に何かを埋めるのって、坂口安吾かと思ってしまった。マーシーっぽいけど、ヒロトさんの歌なんだよね。こういう曲をヒロトさんから聞くたびに、ヒロトさんってマーシーとは違う黒さ、暗さを持った人だなあ、と思い知らされる。なんか、ぬるぬるした闇を抱えているよ、ヒロトさんって。

6.団地の子供
これはタイトルからしてまごうかたなきマーシー曲。マーシーは固有名詞の使い方が昔からほんとうに上手。ビュイックをここに持ってくるだけで、歌詞の手触りが断然違うと思う。ギターが珍しくメロディアスでいいね。あ、珍しくはよけいでしたか。
子供の頃ってほんとうに息を吸って吐くように物語を信じられるから(この場合、物語は嘘と言い換えてもいいのかもしれない)宇宙からやってきたレコード、というのも、少年はUFOの話を聞くように、ほんとうにそう信じてレコードをわくわくして聞いたのではないかと、そんなことを思った。

以下、B面、折り返して行きましょう。

7.ホッテンダー
いかにもB面1曲目にふさわしい! レゲエのリズムでとことんばかばかしくて好き。でも、えろい歌なのではなかろうか、と思い出したら夜の梅とか清水までぜんぶえろいことの暗喩のような気がしてきた。ましまさんのこういう気の抜けた曲が私は大好きだ。

8.日本の夏ロックンロール
もはや歌謡曲のような。サイコー! のところは一瞬ゼブラヘッドの歌まで思い出してしまった。キンチョールから思いついたんじゃないの……たぶんそうよね……。でもどうにも人間臭く、それこそ蚊取り線香や夕方のお風呂やどっかの家で作ってるカレーのにおいが漂ってきそうなロックンロール。そういうところがとてもいい。

9.炎
この歌、久々に「ああだこうだ」やってみようかと思っていて……。

10.ヘッドバンガー
ロックンロールってこういうもんだと思う。しかし、クロマニヨンズのライブで観客が一斉にマキシマムザホルモンのライブみたいに首を振り出したらちょっとこわいな。年齢層が高いし、首がむち打ちになる人続出だな。

11.南から来たジョニー
粉になった夏!! のっけからものすごい表現だ。それはそれはきつい覚せい剤みたいな白い粉だろうね。それとも、蝶の鱗粉みたいに光によってキラキラ光る毒々しい色の粉なのか。ジョニーシリーズの最新作。ガソリンにかげろうとか、ちょっとブランキージェットシティみたいな……あれはガソリンが揺れるんだっけ……?
マーシーの歌はそこから広がる景色の幅が半端ない。ヒロトさんの歌はどう考えてもそれしか言いようがない言葉を持ってくるときがあるし、言い換えるならマーシーが演繹法的で、ヒロトさんが帰納法的なのかしら。

12.燃えあがる情熱
たちあがったりもえあがったりこのところ大変だね。マーシーの元気ソングがあまりピンと来ないかわいそうな私には、そうか燃えあがっちゃったか、という感じ。だって

もえあがるじょうねつで
いのちかがやけば
もえあがるじょうねつで
いのちかけぬける

って平仮名で書くと、小学校4年生くらいの宿題の詩みたいなんだもん……。しかも書いた本人鼻高々みたいな……。いや確かに全体的に彼らの歌は小学生みたいに平易だよ? わかってるよ、でも、なんだろうな、命かがやくソングはいまさら、あまりにも陳腐に思えてしまうのかなあ……私がひねてるだけかもしれない☆テヘッ☆


駆け足で感想だけ書きました、みなさんのニューアルバムの手触りはいかがでしたか?

コメント

買い物メモの裏に書かれた感想!
ロックンロールだね。かっこいいね。
私は、チェリーと黄金時代が好きかなぁ…。
でも、まだあんまり聴いてないですよ(小声)
来週にはライブに行ってる予定なのですが
寒すぎて、毎日コタツに、すっこんでいる私が
果たして半袖になれるでしょうか(心配です)
ライブで聴いたら、どんな気持ちになるのかなぁ。
そわそわ…。


にあさん、お久しぶりです。
時にはエイト君を抱っこしながらレコードを聴いて書いたメモ、やっぱりにあさんらしいなぁ…と思いながら読みました。
私は少し前に発売された「壱弐参」から抜け出すのに時間がかかり、最近ようやく聴き始めたところです。
良く口ずさんでいるので、『人間マッハ』が気に入っているのかな?あとは、ドラムが活躍するほど幸福度が上がり、ベースラインが素敵だとときめいています。
なんだかすごく感覚的に聴いているので、詞の世界を追うにあさんの視点は新鮮だなぁ…と改めて思いました。
いよいよイエティが動き出しますね!もし、にあさんがどこかの町でイエティと遭遇したら、その時はそっと(?)お話を聞かせて下さいね。育児に充電は必要ですよ!

ぷにすけさん
相変わらず私もあんまり聞けてないですよ(小声)でもきっとライブに行ったら、楽しい! 楽しい! ってなるアルバムに間違いないので、ぜひ体調を整えて、こたつを蹴り飛ばし、Tシャツをびりびり破って(マシマニア限定)ライブの渦に飛び込んでください! そして、感想を聞かせてね!

サフィレットさん
みなさん案外、アルバム発売されて速攻聞いた! というスタンスじゃないんですね。スロースターターでもライブでガッと全開になれる、それがクロマニヨンズらしさなのかもしれませんね。

今回のアルバム、前よりさらにベース・ドラムが素敵だと私もそう思います! サフィさんはまた「コビー側」「勝治側」でライブをご覧になったりするのでしょうか。その景色、私にもお知らせくださいね。私はなかなかライブの予定が立ちませんが、一度くらい充電しに行けたらいいかな・・・・・と思っています!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。