ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつくしい子供

やあ、ご無沙汰。

久しぶりに言葉を綴りたい気持ちにさせられたんだ。5月16日、真島さんに会いに行ってきたよ。例の、落語家さんとの競演。レポートって言うにはほど遠い、ただの感想さ。長らく会えなかったクロマニヨンズを通じてのともだちの顔を見られたりもして、ほんとうに久々に「ライブ来てる感」があって嬉しかったな。軽い吐き気と、妙な高揚感。ライブ前ってすごくいいよね。集まってる人たちの顔、クロマニヨンズファンも落語のファンも、みんなこれから何が起こるんだろう? って不安と期待が入り混じってわけわかんない表情になってて、うん、悪かなかったぜ。

しかし、もはや乙姫と彦星よりも会えてなくて、恋いこがれたあの人が、まさか和服で現れるとは思わなかった。ビックリしたわ。次の瞬間、手が胸の前で組み合わされて首が15度くらい傾いて、キラキラ☆☆を取り戻した自分にもビックリしたわ。相変わらずなんか撒いてんな、悪い粉を。ASKA方面じゃなく、鱗粉的な。惚れ薬的な何か。色がついてたらかんぜんに黄色の声で、キャーキャーキャーキャー言ってたぞ、会場。

和服姿はたいそういかしていたが、まあ、ギタリスト特有の病で猫背がひどくてね。落語家さん方ほどすらりと背筋が伸びていれば格好いいけれど、ひどい猫背でちんまりまとまっているもんで、風体は「ご隠居」だね。でも、やっぱりいつまでも、いつみても目の綺麗な人だよ、マーシーは。そんなに離れた席じゃなかったんだけど(そもそも会場がすごい狭かったし)真島追跡アイ搭載の私にしては実に実に珍しく、オペラグラス持ってくれば良かったなって思った。彼の目を見たかったんだ。まじまじと。じっくりと。

マーシーは透明だ、と南のあの人が最近、ライブレポートでそう言ってたな。私もこの日、彼の目を見て同じように思った。マーシーは透明だ。いつ見ても、きれいな水がなみなみと、湛えられてるみたいなんだ。どうしてあんないつも遠くを見ているような、不思議なまなざしが出来るんだろう。ライブじゃなくても、やっぱりおんなじ目なんだな。ほんと、あんな綺麗なものに、かんたんに触っちゃいかんよ。もしも私が雪になって彼の肩に降りかかっても、きっと彼に触れるのは恐れ多くて、あのなで肩でうつくしい造形に触れる寸前にしゅっとかすかな音を立てて消えてしまうに違いないと思う。

ましまさんは言葉すくなに、うん、うんと相づちを良く打って、ゆっくりと話す御仁で、いままでこんなに話すのを聞いたことはなかったし、いつものように顔を真っ赤にして下を向いてくすくす笑う様子も見られて私はほんとに嬉しかった。ましまさんが登場する対談の前と後に一席ずつあった落語もよかった。生で落語を聞くのは談志さん以来だったかな。ずいぶん年月が過ぎて、いなくなってしまった人も増えたものだ。そのぶん、産まれている人もいるのだろうが。それが、全く唯一の救い。

落語というのは、好きであれこれ聞いていると同じ噺をやるのに当たったりする。でも、話し手の妙で、聞き手側はその落ちまでもちろん全部知っていても、何度でも楽しめる。ろくでもないやつのちょっとした善行にほれぼれし、気っぷのいい旦那に喝采をさけび、頼りない若旦那に声援を送る。何度でも、同じ時間を生き直し、何度でも、登場人物に感情移入して、そのたびにドキドキしたり泣いたりする。

ああ、これって、ロックンロールと一緒じゃないか。

特に、クロマニヨンズ。ね、彼らのライブったら、セットリストも毎回毎回おんなじで、落ちもすべて知り尽くしている落語みたい。でも、それに味がなくて面白みがないかと言えばまったくそんなことはなくて、私たちは、ヒロトから、マーシーから、コビーから、勝治から、そのたびに新しい笑いや涙や力を貰う。何度でも同じように、やる。やってやってやりまくる。同じことをただただひたすらやり続ける、そういう強さや凄みもあるのだな、と、彼らを見ているとほんとにそう思う。

そういえばこないだ電車好きに育ちつつあるエイトを東京駅に連れて行った。新幹線を見せたかったんだ。エイトはお気に入りのはやぶさのプラレールを片手に「デンシャクルカナー」「ハヤブサクルカナー」とわくわくしていて、ついにはやぶさが車体をきらめかせてホームに入ってきた瞬間

「ふぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!! ハヤブシャーーーーーー!!」

と絶叫していた。ふぉぉぉぉぉぉって。しかしそのときのエイトの目が憧れをはらんで実によく、私ははやぶさを指差す振りをしながらほんとうはずっと彼の目をうっとりと見つめていたのだ。エイトははやぶさにこのまま乗り込んでどこか遠くへ行きたいと切望していて(停車時間に少し車内を歩かせたら、もう降りないと言って泣いた)、エイトはまだちいさいからも少しお兄ちゃんになったら乗ろうと言ったら、いますぐ背を伸ばしますから、ほんとうにたったいまメリメリと音を立ててぼくは背を伸ばしますから、はやぶさに乗りましょうと言い出しかねない勢いだった。少年はいつでも早く大人になりたいんだなあと思った。だから「少年のような目をした」と形容される成人男性の9割はただ子供でいたいだけだろうと思う。エイトを見ているとよくわかる。ほんとうの子供というのは、いつだってはやく大きくなりたいんだ。小さい自分にいらついていて、ぜんぜん満足なんてしてなくて、もっと大きくなりたい、まだまだ大きくなれるってそう思ってる。いつも少しだけ遠くに焦点が合っているようで、うるうると憧れ、きれいな水が満ち満ちているような、エイトの、少年たちの、そういう瞳の透明さ。

真島さんの目も、いまだに大人になりたいひとのそれだと思う。

先のイベントで私がいちばんぐっと来たのは、サイン色紙をお客さんにプレゼントという段になり、アルファベットと数字を組み合わせた席番号をそれぞれ出演者がひとつずついい、合致した席に座っている人に渡そう、となったときマーシーが選んだ番号だった。

「ぼくはジャイアンツが好きなので、Gの……」
ほとんど躊躇せずに、
「3」

長嶋の背番号なんだな、とすぐ思った。そして、ものすごく胸を衝かれた。大事なのだ、そのアルファベットと数字は、彼にとっては。他のアルファベットや数字を言って奇をてらったりしない、なんの理由もなくなんとなく数字を選んだりできない。だって特別だから。ぜったいに、それはずっと長い間、彼にとって特別だから。ためらいも照れもなにもない。好きなものは好きでぜんぜんそこから動かない。はやぶさに憧れるエイトとおんなじような目のあの人。彼は、うつくしい子供だな。





どうにかそれなりに思ってることを書けたような気がするんで、この記事は更新しとこう。ほんと久しぶりにブログの管理画面に入ったら、自分ですっかり忘れてたけど、去年行ったポール・マッカートニーのライブの感想だとか(体調悪くて今回の来日は全公演中止になったそうで、心配ですね)ローリング・ストーンズのライブの感想だとか、それ以外にもちょっとした近状だとか、更新するには断片過ぎる戯れ言がたくさん下書きに入ってて、驚いた。忙しい忙しいと言いながら、どうも書く意欲というのは衰えないらしいな。
またいつか、クロマニヨンズのライブできみと出会えたら嬉しい。要約すると「マーシーがかっこよかった」というたった12字の平易な感想を、あれこれと手を替え品を替え比喩を交え擬音を駆使して大作に仕立て上げるという、いささか詐欺めいたライブレポートを書くのを、私自身もやっぱり心待ちにしているのだよ。

コメント

そば清はどうした!

こら!
「真島家マーシーの演目は『そば清』で、
『カレーがバンダナを巻いて座っていた』デデン☆っていうサゲだった。
本当にマーシーは透明な人ですよ」
って書けって言ったやないの。

私も数日前久しぶりにクロマニヨンズを見たけど、
マーシーの透明感はハンパなかった。
透けてたから!ホントに!

おかしいな

tokageさん

いや、ちゃんと書きましたよ? tokageさんのおっしゃるとおり、最後、ちょっと空白になってる部分に「真島亭まあしいの演目は『そば清』で、『カレーがバンダナ巻いてギター抱えて座っていた』ジャジャン☆っていうサゲでした。じつに、マーシーは澄み切った人です」って。

……なんということでしょう!

透明な人のことを書いたら、ブログの文章が透けてしまいましま!!!

こんにちは!
こどもの目ってとっても綺麗ですよねえ。きらきらしていて、いつも未来を捕まえようとしている気がします。
私も「早く大人になりたい」と思っていたあの頃に戻りたいと思うことがあるけれど、大人になってしまったらこどもに戻ってはいけないんだなあ、とも最近思います。

凛華さん
コメントをありがとう! 凛華ちゃんもロックンロールな日々を楽しめているかな?

私の年齢から見ると、凛華ちゃんも大人とは言えないような歳なんだけれど、まだきっときみの持っているそれは、柔らかい木の芽のような「おとな」なんだろうな。うん、なりたてのおとなっていうのもいいもんだよ。
今はまだ「子供に帰れないなあ」なんて思うかもしれないが、もう少し続けて行って、まごうかたなき図々しい大人になりな。そうすると、自分の都合のいいときだけ子供になることができるようになるからね。その魔法は最強だよ。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。