ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年10月16日、アルバムについて改めて考える。


セカンドアルバム「CAVE PARTY」、何度も聞いて何度もしつこく考え倒していたようです。今もう一度読んでみると、またこのときとは感想が違う。



前からニューアルバムになんとなく「?」を感じていたのだが、今日あらためて聞いていたら、やっと腑に落ちる納得できる「?」への解答が出た気がした。
このアルバム、マーシーがヒロト君に寄りすぎているんだ。だからどうしても納得がいかなかったんだ、私。

ヒロト&マーシーというのは今までずっとツートップの状態を保ってきていて、どっちが前に出るということもなければどっちが引くということもなかった。
ものすごいバランス感覚で、ぎりぎりの均衡状態で立ってた。
今までにもマーシーがヒロト側に、ヒロトがマーシー側によろけることはもちろんあったけど、そういうときはよろけられたほうのどっちかがより強い個性を発揮して、明らかな二人の違いを私たちに見せつけてくれた。

今回の「CAVE PARTY」はとにかくバンド内の仲がよさそうで、いかにも和気あいあいとやったらしい、そういう雰囲気の漂ったアルバムだ。
でもそれはもしかしたら、今までマーシーが持っていた一種の「凄味」「わからなさ」が、ヒロトの理解できるレベルまで降りてきたからじゃないかと私は思いもする。
その点、ヒロトはブルーハーツ時代からあきれるほど変わらない(そこが彼のすごいとこでもある)。
前も言ったけどもともとヒロトという人は非常にロックンロール的(=万人に理解されやすい抽象、なにかを批判するのでもいかにもまっとう、基本的にオールオッケー) で、
マーシーというのは非常にパンク的(=好きな人と嫌いな人というよりはわかる人とわからない人がはっきりと別れて、悪意や皮肉に満ち満ち、基本的には拒否)
なのだ。このマーシーの持っていたソリッドなパンク的要素は、まさか年のせいだとは思いたくはないのだが、クロマニヨンズセカンドアルバムにおいてヒロト的なロックンロール志向へ移りつつある。
ヒロトも多少マーシー側に寄って行ったのかもしれないけれど、お互いが作った曲を見る限り、「はさんじゃうぜ」なんてクワガタの歌、いままでならぜったいヒロトが作りました、みたいな曲だぜ?
マーシーがヒロト側により多く寄った、と考えるほうが私には納得がいくのだ。
話は戻るけれど、そうしてツートップがより多く寄り添いあったバンドが和気あいあいでないはずはなく、「CAVE PARTY」はそういう意味でとてもロックンロールな内輪ウケな音楽なのかもしれない。
ヒロトとマーシーは「自分が楽しければいいんだ」という発言をここ最近よくしていて、それがあるいは、いままでになく溝を埋めたふたりの本音だとしたら、私たち、いや私は、それを喜んでいいのか悲しんでいいのか、よくわからない。

ヒロトとマーシーは明らかに同じ星から来た人たちだけれど、それでもなおそこにある溝のようなものまで、私はまとめて愛していた。
そしてマーシーの持っていたパンク的な部分の強く出た歌を、私はとても好きなのだ。
クロマニヨンズという新しいバンドにおいて、 マーシーがよりヒロト側のロックンロールに近づいて行くなら、たぶんこのバンドはもっともっと仲良い雰囲気を出した、ほんとうにお祭り騒ぎの楽しいものになるだろう。

それでも私は忘れられないのだと思う。
マーシーが隠し持っていた、小さなナイフのようにギラリと光るあの皮肉、あの悪意。
小さくてもそれは確かに人を傷つけるためのものだった。私はあえてその刃に身をさらすことを望んでいた。
自分のやわらかな部分を引き裂くようなマーシーの歌はとても痛かったけれど、それまで見えなかった景色が見えたような気もした。

ブルースやスカ、バラード、いろんな曲調を取り入れたクロマニヨンズの「CAVE PARTY」というアルバム、私は音としてはとても好きなのだ。
そしてこのままの路線でずっと彼らが歩んでいくのだとしても、私はきっと彼らの歌を聴きつづけるのだろうとも思う。
でも、やっぱりマーシーには呑んでいるナイフをもっと見せてほしいと思ってしまう。
丸くなったはずはない。だってマーシーだから。
年で変わるわけがない。だってマーシーだから。
なにもかも忘れてしまわないでほしい。ときどき思い出してほしい。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howlincats.blog114.fc2.com/tb.php/8-d7c881cd

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。