ハ ウ リ ン キ ャ ッ ツ

 五線譜という名の線路を辿り、きみと奇跡を探しに行こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲本さんと真島さん


今日、ロックンロールが好きな男性と夏フェスの話をしていて、ナノムゲンの話になった。ナノムゲンというのは、邦楽ロックが好きだとやっぱり行きたいフェスなのかな、横浜アリーナでやる、今年はアジアンカンフージェネレーションとか、活動休止が決まったエルレガーデンとかが出るフェスですね。私はあんまり興味がない。興味がないのだが、話をしていた相手は邦楽もよく聞くので、そういう話になった。彼は行けないそうだが、私が珍しくナノムゲンなんていう邦楽ロックフェスの話題を「明後日から始まるね」と日にちまでばっちり覚えて話したから「行くんですか?」と聞かれた。
「いや、行かないよ、だって私、邦楽ロックはそんなに聞かないから」
アジカンもエルレもCD買ったことないし。そしたら、ああそうか、思い出した、っていうみたいに彼が頷いて、
「mashimaniaさんは、邦楽はほとんど甲本さんだけなんですよね」
と言った。

そのね、甲本さん、って言い方が、なんかすごく新鮮でいいなあ……と思った。彼はクロマニヨンズはたぶん聞かないので、そりゃヒロト、って呼び捨てはしないんだろう。でも、ファンになっちゃうとみんな急になれなれしくヒロトって呼ぶ。それはもちろん親愛の情でもあるんだけど、なんかさ、甲本さん、って呼び方は、もしそれを聞いたらヒロトさんがニヤリとするような気が、私にはした。まっさらで、ぴんとして、心地いい呼び方だった。私は、ヒロトさんを好きになった最初の気持ちを忘れかけているなあ、と思った。

「うん……甲本さん」

と私は思わず息をひとつついてから彼に答えた。彼はぜんぜん意に介さない様子で、
「甲本さんと真島さん、ですよね」
と言った。

「そうです、甲本さんと真島さん」

ヒロトとマーシーではなくて、甲本さんと真島さん。

「甲本さんと真島さん、そんなにいいですか」
「いいよー、かっこいいよ、甲本さんと真島さん」

何回も繰り返していた。
甲本さんと真島さん。
なんか新鮮。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://howlincats.blog114.fc2.com/tb.php/84-0ee2c2f8

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ましま にあ

ましま にあ

Hey ho,let's go!

ましまにあと直接連絡を取りたい方は
mashimania(´・ω・`)hotmail.co.jp
(´・ω・`)を@に進化させて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。